やってはいけないムダ毛処理方法

ムダ毛処理を自分でするにあたり、カミソリを使用する人は多いものです。処理するのは面倒ですが、毛抜きで1本ごと抜くよりは、カミソリでシェービングしたほうが楽です。痛みもないですし、スピーディーなので、ムダ毛が気になる時には、ムダ毛処理としてもポピュラーに行われています。

しかしムダ毛処理方法として、カミソリでの処理は、肌への負担が大きいということを知っておきましょう。ムダ毛だけをシェービングしていると思っていても、実は皮膚の表面にもダメージを感じることになります。目には見えにくくても、細かい傷が皮膚にはたくさんつくことになるのです。

シェービングはバスタイムにする人も多いですが、お風呂場に置きっぱなしにするのは不衛生です。湿気が多い場所ですし、刃がサビることも考えられます。使い捨てのタイプや、刃を交換するタイプでも、いつから使い始めたかわからないものは、刃の状態も悪くなっている可能性があります。鈍くなった状態の刃はシェービングの際肌を傷めることにもなります。肌への負担と衛生面からしても、カミソリの刃は、定期的に交換することです。シェービングの時も、毛の流れにそって行わないと、それも肌への負担になります。

コメントを受け付けておりません。